en 日本語
Loading...

理念

今後、このサイトに定期的に我々のイデオロギーを示す文章を載せていくつもりです。このテキストは宣伝の際のベースとして使用することができます。必要であれば、カットして使っていただいても構いません。

現代の世界は不公平である。非人道的な世界である。まさに、お金の世界であるできる。その世界は人々のためにあるものではない。それは働き、お金を生み出す人たちのためではなく、銀行員、金融業者、政府、億万長者などのためのものである。そして、人々はゲームでの単なる「ポーン」である。彼らはただアテンダントとして勤めている。

なぜ銀行家はあまり働かずして我々の100倍稼いでいるのか?

社会福祉の基本となるのが、労働である。しかし、なぜ銀行家は真面目に働いている人よりも何倍も良い生活をしているのか?銀行家たちは一生懸命働いているのか?いや、そんなことはない。彼らは労働者と比べ、価値あるものを何も生産していない!なのになぜ、これほどまでに収入の差があるのだろうか。

多くの人はこれを読んで「銀行家と労働者は比較すべきではない。バンカー、つまり銀行家はお金を支配する力と大きなコネを持っている!私たち普通の人間は、何の影響力も持っていないから、銀行家が私たちより良い生活しているのは当然のことだ。」と考えるだろう。

ところが、ここで「自然」なことは何もない。皆さんがこの事態に慣れ、当然のことだと思っているだけなのだ。人々は、それは世界の辿るべき道であり、銀行家はより良い生活をおくらなければならないと信じている。しかし、現実は違っており、状況は変えることができるのだ。

しかし、どうして銀行家はあまり働かずして、よりよい生活を送っているのだろう?工場労働者・鉱山労働者・オイルリガー、または木こりよりも良い生活であるというのか?銀行家は常にお金を持っているからである。そう、お金は、全てのことの基礎となるものである!だから、私たちはお金についてもっと詳しく話すべきなのだ。

お金が労働の尺度であるとするなら、なぜ世界は不平等なのか?

お金とは一体何であるのか、それについて考えたことがあるだろうか。計算ツールなのか?それとも労働の尺度だろうか?私たちは子供の頃から「お金は空から降ってくることはない。だから、お金を稼がなければならない」と言われている。だから、私たちは正直に貪欲に稼ぐべきである。クレードルのころからそれを信じるように導かれてきた。それは面白い話であり、ほとんど皆の億万長者はすべてを真面目に稼いだと言っている。それは可笑しい話だろう?

私たちはひっきりなしに働かなければならない。しかし、私たちは最終的に何を期待できるのか?低賃金と年金、無休、債務との戦い、そして、半分飢えているような老後...すべてのあなたの人生、あなたの力、エネルギー、健康などを奪ってきた億万長者のために働き、レモンのように絞られ、その後ゴミ箱に捨てられてしまうのだ。

それは果たして正しいことなのだろうか?しかしどちらにせよこれはこの世界、現代社会の恐ろしい現実である。これこそが最後の最後に私たちを待っているものである。現在世界の大部分の人々のもとでは、全てがこのように終わってしまう。現状では両親、その後は順番に自分、自分の子供や孫のもとでも終わる…そして...ひ孫まで...それは世界の道であると言えるだろう。

すべては間違っていて、不公平である!存在してはいけないことなのである。なぜ一部の人々はすべてを持っているが、その他の人々には何もないのか?なぜ一部の人は金色のスリッパを履いて歩いているが、その他の人々はほとんどやりくりできていないのだろう。彼らはずっと「正直に働いている」が、子供を養う方法を知らない。そんなことがなぜ起こるのだろうか?私たちは皆、人間である。しかし私たちは皆「同じ」ではないのか?それはなぜなのか。

その理由は、私たちの周りに嘘があるためである。まるで、絶え間なくやってくる、巨大な怪物のようである。満腹で、甘やかされ育ったような支配者がテレビで毎日吹聴していることを信じてはいけない。

そして、人々は同じではないのだ。お金があっても労働力はない。このすべては横柄と恥知らずの嘘である。そして、まだほとんどの人はそれを信じ、不公平で不当な世界に生き続けている。なぜ彼らはあなたをだますのか?ただ、簡単にあなたを制御するようにする。

私たちはみんなが同じなのか?それはナンセンスな考えである。

億万長者になった自分を想像してみていただきたい。あるいは議会の一般的な価値のないメンバーを。あなたは同じなのか?それはどうして?あなたは全く別の方法で生活し、食べ、休んでいる。彼が一日で使うお金は、あなたより多い!彼の妻は、あなたの妻が持っているすべての服よりも高価な下着を着けている...彼は高級なスイスのクリニックに通っている。さて、あなたはどうだろうか。自分の子供たちやあなたはそれと比較できるのか?それは果たして「平等」であるのか。

おそらく、持っている権利には見合っているのではないだろうか。私たちは権利について忘れてしまっている。それは私たちの憲法に書かれているが、果たしてその通りなのか?そして、私たちはロシアの新興財閥や銀行家と「平等」の権利があるのか?ただ単に面白い!

働く権利、私たちはそのような権利を持っている。ある人々はほとんど何もしないで何百万、数十億と稼ぐが、またある人は本当に小額のお金で働く。それは正しいのか?

選挙の権利があり、それによって選出でき、あるいは逆に立候補できるのだろうか。...あなたにはもちろん、選挙権があり、誰かに票を投じることができる。では、立候補するのはどうだろうか。全く別の話である。選挙に立候補するためには、たくさんのお金が必要となる。そのお金はどこから集めることができるのだろうか?あなたが一般的な労働者ならば、それを集められることはない。したがって、政府に大規模な金融株を持っている人がいる。一般人が選挙に立候補することは問題であり、勝つこともない。

それでは、お金とは一体何なのか?

今、私たちはお金を動かしている。もちろん、お金は「労働の尺度」ではない。これらは馬鹿者のためのおとぎ話である。そうではなければ、領主のような生活になる。それとも、あまり十分に仕事しないのか?残念ながら、お金は私たちを奴隷として保持するためだけにあるツールである。私たちは皆がのスレーブ、つまりお金の奴隷なのである。私たちはお金を印刷した者の奴隷であり、もっと言うと、彼らは私たちの主なのだ。

実際、地球上で昔から今までの間、変わったことは何もない。私たちはこれまで、外側だけが形を変えた奴隷所有システムの中で生きてきたし、これからもその中で生き続ける。より多くの文明が現れ、洗練されてきた。昔スレーブは本当のさびと鋼の足かせがあった。これらはまだ存在しているが、今日では単に見えていないだけである。私たちはそれらを持っているように思えないし、望むところどこへでも行くことができる。束縛されるものはないので、私たちは自由だと言えそうである。しかし、事実は異なる。現代世界での私たちの足かせは、お金である。

実際、私たちは全く自由ではない。 「自由」だというのは錯覚である。お金、それこそがポイントなのである!私たちは本当にお金なしでは何もできない。私たちには衣服・住居・食料が必要で、すぐにお金が必要となるのだ。まさか洞窟に住み、狩りには行かない。だから、どこにいてもお金が必要でなのだ!私たちの周りにあるものは全て、お金のためだけになされているからである。あなたはお金がなければ、どんな一歩も踏み出すことはできない!しかし、ここで私たちはお金を見つけることができるのか?おそらくそれを得るために稼ぐのではないだろうか?

あなたは今まで、自分を売ることは不道徳なのか疑問に思ったことがあるだろうか?あなた自身の強みや頭脳、時間を売ることと、売春のようなもので自分の体を売るのとはどう違うのだろう。あなたは人が仕事をしなければならないと言うだろう。誰も仕事をしなかったら、何が起こるのか。私たちは再び洞窟での生活に戻ってしまうだろう。

それはとんでもないことである。しかしこれは、奴隷社会で、奴隷所有者が奴隷に仕事させるために必要だった理論だろう。昔、地主は農奴に「仕事しなかったら、私たちの社会は崩壊し、私たちは餓死してしまう!」と言っていた。

そう、社会のため、有用なものを生み出すためには労働が必要である。そうしないと社会が劣化し、消えていってしまう。しかし、第一、私たちはスープのスプーンとして働くのではく、生き残るためではなく、自主的に仕事をしなければならない。私たちは好きなことをするべきなのだ。

私たちが対象になっている間に労働することが必要になると、第二、 皆のために必要である。すべての人々は同じではない。だから、皆が仕事をしなければならない。一部の人々は(自ら努力と健康を鉱山や出荷、工場で無駄に使う)働くが、一部の人間(ゆっくりとカクテルを飲む)は、単にお金を発行しながらお金を稼いでいるというような状況は異常である。このような状況は原理的に許容されない。そして、この事態は「説明」と言い訳にはならない。絶対に!

お金は内容に有形のものに裏付けされていないと、お金は単に無制限に印刷された紙であり、キャンディーの包み紙である。そして、これらのキャンディーの包み紙は「労働の賃金」として(私たちのような)奴隷に分散されている。それらが余分に与えられれば(私たちの給料が上昇する)、満足する。ショックなことではないだろうか。残念ながら、それは私たちの辛い現実なのである。

金融の世界はどのように成っているのか?それはピラミッドである。 FRBの米国連邦準備制度はピラミッドの頂点にある。 FRBはドルを発行する。 いくら発行するのだろうか。好きなだけだ。もちろん、FRBが独自の内部規則は一部存在する。例えば、FRBは限りなく多くのドルを発行することができるが、完全な通貨の切り下げ等を防ぐため、原則的には、過度に多くのドルは発行できない。しかし少なくとも、それに関連する外部の制限は決してない。米FRBは専ら妥当性に従っている。

グローバルピラミッドの底辺にあるものとは、国の中央銀行である。他のすべての地域の国内の銀行であって低いレベルに位置している。 (もちろん、少し簡略化されたモデルではあるが、概してすべてが全体像を反映している)。実際、なぜ私たちは銀行が必要なのか?比喩的に言えば、銀行は社会という生物の血管の役割を果たしている。これらの血管を通って、お金(血液)は心臓(中央銀行)からすべての臓器に流れる。お金(血液)は臓器を洗い、生命をもたらすのである。

ここでドルはどのように言及されているのか?そして、FRBは一般人の私たちとどのような関係があるのだろうか。基本的に、最も直接的な関係がある。結局のところ、ドルが世界通貨なのである。中央銀行は米国連銀の許可なしで自国通貨を発行することができない!これは問題外である!すぐにいくつかの国が1億ドル単位で米国にその資源を供給し(偉大なアメリカ大統領の写真入りのカラー紙のワゴンと現実とを交換し)、1億ドルの量の現地通貨の印刷を許可する。今でもこれが返還の唯一の方法である。それ以外の場合、そのような国はIMFに発見され、通貨が変換できないということになる。要するに対策がすぐに反映される。

それなのに、なぜ銀行家は労働者より、よりよい暮らしをしているのだろう?私たちはまだ答えを見つけていない。例えば、彼らはお金発行し、作業者は鉱業で働くか家を建設する。それはまた、非常に重要である。銀行家は懸命に働き、社会に多くの利益を与えているのか? もちろんそうではない。そうであればなぜ銀行家たちは裕福な暮らしをしているのだろう?

加えて、もう一つ面白い質問をしてみよう。公共の利益のために、毎日朝から晩まで働き、潔白な心で、計画を遂行している。そのように私は自分のベストを尽くしてきた。しかし、いずれにせよ、ローンを完済することはできない。そして友人はみんな、同じ状況にある。それは正常なのか?これは明らかに間違っていて、不公平である!これは永遠のクレジット地獄である。なぜ私たちは常にお金を借りているのか。なぜ私たちは銀行の債務者であるのか。

要するに、いつものように彼らは一般の人々を騙す。裕福な人々は、私たち労働者にはこれらすべての扱いにくい計画を理解する時間がなく、そして家族を養わなければならないという事実を利用している。だからこそ彼らは、このような状況を利用するのである。

どのように銀行は人を欺くのか?

脳に負担がかかるかもしれないが、ゆっくり理解していこう。それは、何世紀もの間、個人が求めている財産を貯めることだけを追い求めてきた人間の、最も洗練された心によって絡まった物事を、ほんの数分でほどくことはできないのである。それでは、例を示してみよう。太郎と健太がいる。そして、太郎と健太の銀行家であるユウキがいるとする。双方ともユウキの銀行に貯金している。太郎は本当に、健太の自転車を購入したいと考えている。しかし、彼にはお金がない。より正確に言うと、彼はお金を持っているが、 $10だけで、健太は貴重な自転車と引き換えに$100を要求している。したがってお金は足りない。それが問題なのである。

太郎はどうするのだろうか。彼は頭金として健太に$ 10を渡し、誰にも自転車を売らないように頼んだ。彼はすぐに残りの金額をもってくると言う。その後、彼は不足分$90のために尊敬すべきユウキの銀行へ駆け込む。

不運なことにユウキは、このときお金を持っていないが、太郎が健太に渡した$ 10のことを知っている。そして、どこに健太はこのお金をどこに持って来るのだろうか?そう、彼は愛すべき自分の口座に$10を預け入れる。これは、ユウキに渡すのと同じことである。それゆえ、ユウキは太郎に明日また来るように言う。明日この$ 10が彼の元にやってくることを期待して。

すべてがこのように起こるのだ。次の日健太は、銀行が太郎にクレジットで与えた$ 10をもってくる、太郎はすぐにそれらを健太に渡し、ユウキはそれをまた銀行に預金し、銀行はまたこの$10を太郎に貸し、などと続いていくのだ。太郎が自転車を買うお金が集まるまで、続いていくのだ。

さて、私たちは最終的には何があるのか?太郎は最終的に健太から自転車を買うことができたが、同時に太郎は銀行(ユウキ)に$ 90の借金があり、そして銀行は健太に$ 100借金している。

つまり、最初に存在していた$ 10は、魔法のように$ 200(利子の$ 190+もともとの$ 10)になったのだ。

(しかしより高額な買い物する場合は、この$ 10は$1,000にでも、$100万にでも$10億にでもなりうる。その場合、この$ 10はそのサイクルで、人から人へと渡っていくほど、その額は大きくなる。)

さて、今日の世界で何が起こっているのか?また何の問題なく銀行がお金を「描いている」ということだ!FRBだけでなく、銀行もお金を生み出すことはできるのである!そして、これらの銀行はコントロールされることなくお金を増やし続ける、ということは事実である!どうして銀行家がより裕福な暮らしをしているのか、お分かりであろう。もちろん、お金を生み出す者は、よりよい暮らしをするのだ!

しかし、これだけでは十分ではない!この瞬間から、どんなに働いても貧しい太郎は銀行への借金を返済することができない!彼は永遠に銀行の借金奴隷となる。彼はユウキにした借金の$ 90は、自然界には存在しない!それが全てである。ユウキは何も無いところからこのお金を作り出した。空気から作り出したのだ。ワンクリックしただけで、$ 10は$ 200になった。

しかし、あなたは当然、銀行自体が健太に$ 100借金しているということを言い、反論することができる。そしてそれは、銀行が健太のもとで、借金地獄にはまっていて、その借金は返済できないことを明らかにした。では、銀行の利益はどこにあるのか。そのトリックとは何であるのか。

どんなトリックがあるのかあなたに尋ねよう。このトリックは、銀行が例のような「健太」を数千人、数百万人とたくさん持っていて、実際には、彼らは一斉にお金のために来ることはないという事実にある。健太が1人来た場合、銀行は彼に他の10人の預金者のお金を返す、それだけなのだ。つまり、銀行の債務は危険でもなす厄介でもないということだ。実際、銀行の債務は仮想のものであり、紙面上またはコンピュータプログラム上にだけ存在するものなのだ。現実に返済されることはない。おびえた「健太」が 突然一斉にお金を求めに来るなどのパニックが起こった場合だけである。それとも、銀行が時々倒産してしまう他の理由をご存知だろうか。その理由とは、すべての預金者のための十分な資金がないからである。銀行の金庫の90%は薄い空気なのだ。

したがって、銀行に関しては、なんら問題は無い。順調に進んでいくのである。私たちはそれを心配する必要はない。しかし、我らが太郎は現在、深刻な問題を抱えている。彼は銀行に支払うべきすべての債務を完済しなければならない。さらに利子と、おそらく、罰則も上乗せされている。古い借金を返済するために、新たに借金することを余儀なくされる。その後、再び新しいローンを...再び...そして再び...終わりはなく、彼の死まで!そして、このクレジット走行結び目のうち方法はない。これは原理的には存在しない!それでおしまい!トラップは非難される。今や太郎は銀行の永遠の債務者である。彼は奴隷である。これから、彼が死んでしまうその日まで...銀行のために働く…。それでも彼は借金を完済できない。彼の死後、彼の子孫がこの銀行のために働き続けるのだ。彼らはすべての銀行の未来のしもべとなる。より正確に言うと、彼らはこの冷酷かつ非人間的なメカニズムを生み出した、非効率的で不公平な世界の金融システムのしもべとなる。そして、このメカニズムは最終的に破壊されるべきものなのである。

新しく公正な金融システムの確立!

金融黙示録!それが金融の鎖を破壊し、私たちを救うただ一つのものだ。ついに継続されてきた隷属から私たちを解放するのだ。古いものすべてはその火で燃え尽きてしまって、新しいものが現れる。 FRBは権力をなくし、社会的不平等はなくなる。現在のような銀行は、単に消えてなくなってしまう。人々を奪うことをやめる。実際、銀行は役に立つものを生み出さない。銀行には何か有用なことができるのか?利子を利用して、お金貸すのだろうか?その結果、全ての人々が負債を抱えているのである。

全くなぜ銀行はお金を貸すのに利子をとるのだろうか?あなたはそれについて考えたことはあるだろうか?高利貸しは常にすべての国に軽蔑されてきたが、今それが合法化されている。どうしてだろう?ある人が、目的はなくただ何かいいことするために、プロジェクトを実現するために銀行でローンを組む場合。しかし、彼は銀行家たち含む社会の福祉のために努力しているのである。私たちにとって何か有益ものを生み出すのである。我々はこのような人々を多額の利子を集めるのではなく、割引をして応援するべきなのである。

それにもかかわらず、現代の銀行は他の目的のために生み出された。それらは社会ではなく、自分たちの目標に興味を持っている。人々は銀行にとって重要なものではない。現代の銀行は、連邦の忠実なしもべであり、現代の人々の努力の産物を悪用する見せかけのエージェントである。現在の金融システムは、単に私たちを破滅に導いている。そして私たち、後には子孫を攻撃し続けるのだ。何も変化がない場合、悪化しさえもする。私たちは既存の金融システムを破壊し、新しく、公正で誠実なものを作り出す。やるしかないのである。私たちは奴隷ではなく、人間である。そして、自由を選択するのだ!

そして、この自由は既にすぐそこまできている。今や、MMMおかげで、金融黙示録は運命となったのである。あとは、時間の問題だけだ。種子が落とされた。そして成長する。もう成長している。今この瞬間に!滅びることはない!

MMMは何の略なのか?

MMMはグローバル共済基金であり、世界中の人々の銀行であり、金融ソーシャルネットワークである。定義は色々ある。大事なのはタイトルではない。その本質とは、金融奴隷制度に反対し、連邦銀行との戦いを宣言することに(そして、この戦いに勝つことに!)決めた地球全体の何百万人もの人々による非公式の任意団体である。 そして、この目的のために、彼らは彼らの資本を統合している。少ない人々だとしても、何百万もの人々にとっては、それはもはや権力なのである。素晴らしい無敵なパワーで、日々成長している!

さて、銀行はどのように存在しているのだろう?銀行家のおかげか?それとも億万長者か?いや、彼らのささやかな貯蓄を借金にとる一般の人々のためである。 MMMは、人々に現実を見せている銀行の欠点を言われぬ先に言う。なぜ人々は法外な利益があるのも関わらず銀行にお金を持っていくのか?彼らには他の選択肢がないからだ銀行が独占している。お金を持って行く他の他の場所がないのだ。銀行は全てが全く同じであり、FEDによってコントロールされている。彼らはただ、一般の人々を破壊させている。

MMMのおかげで、今私たちには選択肢があり、それは私たちの心に近いものである!ここで人々はお互いに助け合う。今日あなたが誰かを助け、明日あなたが助けられる。それがMMMの原則である。あなたは本当に、銀行家が新しいリムジンや家を買うために働きたいというのか?あなたは他人の奴隷になってはならない。MMMに参加すると、あなたのお金が実際にそれを必要としている人々を救うことになるのだ。貧しい人、退職者、障害者...多くの子供を持つ女性、隣人を愛する彼を救うのだ。

MMMシステムは、人々がお金を提供し必要なときにそれを取る、共通のストレージボックスのようなものである。あなたがある瞬間に必要な量を取るのである (彼らは盗むのでなく、文字通りお金を取るのである)!

実際、人々は沢山のお金は必要でない。私たちは、お金を持っているということを意識する必要がある。明日の自信は、誰もが本当に必要とするものだ。そしてMMMが、この自信を与えるのだ!それはあなたが一人ではないことを、パートナーがいるという自信である。困難な瞬間にあなたが放っておかれることはない。あなたは誰かを常に助け、そして常にサポートされる! MMMは、明るく、より良い新たな社会の単位である。お金がない新しい世界。現在のお金。全てが他のように…正直に存在するところ、奴隷やその所有者がいないところ、そして誰もが自分の喜びと社会全体のために働くくところ。善が悪に勝つところ!疑いはない!

システムへようこそ!一緒に世界を変えていこう!

今すぐ私たちのコミュニティに参加しましょう。